[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

楽々成功!12日間のトイレトレーニング「いきなりパンツ大作戦」

calendar

reload

楽々成功!12日間のトイレトレーニング「いきなりパンツ大作戦」

あたたかくなってきた、この季節。

そろそろ、トイレトレーニングが気になる頃じゃないでしょうか。

雑誌や、季節ごとに届くDMなんかに、トイレトレーニングの文字が並ぶと、気になりますよね。

いつから始めればいいの?
そもそも、やり方がいまいちわからん!

そんな悩めるママのために。

我が子が12日でトイレトレーニング成功した、ある方法を教えちゃいます!

スポンサーリンク

12日間でトイレトレーニングが成功した、
「いきなりパンツ大作戦」とは?

12日間でトイレトレーニングが成功した、「いきなりパンツ大作戦」とは、その名の通り、いきなり普通のパンツを履かせちゃう方法です。

何層にもなっている、あの分厚いトレーニングパンツは履かせません。

オムツから、いきなり普通のパンツを履かせちゃうのです!

「いきなりパンツ大作戦」のメリット

・濡れた感覚がわかりやすい!

トレーニングパンツって、分厚く作られているから、子供によっては、濡れてるのがわかりにくいみたい。

それに比べ、普通のパンツは、オシッコで濡れたら、もうびっしょびしょ。

子供にも、すぐにわかります。

子供も、濡れたパンツは嫌なので、オシッコ失敗したくないって自然と思うようになるみたい。

だから、12日間という早さで、オムツが取れちゃうのです!

・トレーニングパンツ代がかからない!

「いきなりパンツ大作戦」なら、トレーニングパンツが要らないので、その分、節約できちゃいます。

パンツはたくさん要りますが、これからも絶対に使うもの。

ってゆーか、トレーニングパンツって使う期間短すぎですよね?

数週間〜数ヶ月しか使わないのに、買うのなんて、もったいない!

「いきなりパンツ大作戦」のデメリット

・掃除が大変

「いきなりパンツ大作戦」は、失敗すると、もちろん、だだ漏れ。笑

普通のパンツだから、吸収力なんてゼロです。

床はもちろん、床に転がってたおもちゃなども、オシッコでびしょ濡れ。

やっぱり、掃除が一番大変だったなぁ。

私は、マット類は全て取り払って、フローリングだけの状態にしていました。

フローリングなら、さっと拭けるので、掃除も比較的楽ちんでしたよ。

「床が汚れるなんて絶対いや!」
って方は、この方法には向いていませんので、普通にトレーニングパンツを使う方法で頑張ってください。

・洗濯も大変

はじめのうちは、1日に何回もパンツを濡らしちゃうので、洗濯も大変です。

1日にパンツを5枚くらい洗うのなんて、普通にあること。

でも、いちいち洗濯機をまわさなくても、パンツだけ手洗いすればいいので、そんなに苦には思いませんでした。

ちっちゃいパンツだから、すぐ洗えるし。

トレーニングパンツみたいに分厚くないから、すぐ乾きます。

さすがに、梅雨の季節は乾きにくいから、春から始めて、ちゃっちゃと終わらせちゃうのがいいですね。

スポンサーリンク

「いきなりパンツ大作戦」具体的なやり方

1日目:かっこいいパンツを見せる!

お気に入りのキャラクターのパンツを用意して、じゃーん!と見せる。

「かっこいいねー!お兄ちゃんパンツだね!」
と、子供の気分を盛り上げる。

実際に履かせてみて、さらに褒める。
「すごいかっこいいー!お兄ちゃんみたい!」

ママが盛り上げることで、子供がパンツに抵抗しないようにします。

パンツいや!って履くのを拒否されたら、まだトイレトレーニングの時期じゃないってこと。

日を空けてトライしてみたり、ゆっくり進めていきましょう。

2日目:時間を決めてパンツを履かせる

いきなり一日中パンツで過ごすのは無理なので、時間を決めてパンツを履かせます。

たとえば、朝起きてトイレに行かせてから、パンツを履き、午前中はパンツで過ごすとか。

午後のお昼寝の後トイレに行って、パンツを履き、寝る前までパンツで過ごすとか。

これは、ママの都合で決めちゃっても大丈夫です。

まだ外出時にパンツを履くのは無理だから、家で過ごせる時間帯にするのがいいですね。

3日目:トイレへ誘うタイミングをチェック

子供のトイレのタイミングをチェックします。

だいたい何時間の間隔でオシッコをするのか。

ママが誘うタイミングと、子供のオシッコのタイミングが合えば、成功体験が増えていきます。

一般的には、「3時間ごとにトイレへ誘う」とされています。

子供の年齢によっても違うので、様子を見ながら調整していきましょう。

4日目:成功したら、すこぶる褒める

ママが誘って、トイレでオシッコが出たら、すこぶる褒めます。
「すごいね!ママもうれしいよー!」

トイレにご褒美シールを用意するのも、いいですね。

私は、ラミネートした紙をトイレの壁に貼って、成功したら、そこにシールをペタペタ貼るようにしていました。

よく売られている、トイレトレーニング用のシール台って、貼る場所がカレンダーになってたり、線路になってたりしますよね。

でも、2歳児には、決められた場所にシールを貼るのが難しかった…

なので、とりあえずシールを貼る!ってスタンスにしました。

5日目:失敗するのは当たり前

何度も失敗するのは、当たり前のこと。

初めてのことなんだもの。失敗するに決まってます。

オシッコが漏れちゃったら、

「あらーパンツ濡れちゃったね。次はオシッコはトイレでしようね。」
と、明るく言ってあげましょう。

6日目:外出時はオムツを履いてよし

まだまだ外出時にパンツは難しい。

なので、無理せず、外出するときはオムツを履かせましょう。

でも、外出先でも、トイレに誘うことは忘れずに。

7日目:トイレへ誘う回数の見直し

1週間も経つと、ママも子供も慣れてきます。

ここで、もう一度、トイレへ誘うタイミングや回数の見直しをしましょう。

「ジュースを飲んだらすぐにオシッコしたくなる」とか、「夕方は必ず2回はオシッコに行く」とか、子供なりのタイミングが見えてくるかもしれません。

様子をみて、パンツを履かせる時間を長くしていくのもいいでしょう。

8日目:成功率が増えてくる!

だんだんと成功率も増えてくるように。

成功体験をたくさんさせてあげることで、子供も自信がつきますし、オシッコの出る感覚というものが理解できます。

オシッコしたそうな仕草を見つけたら、素早くトイレへ誘うのがポイントですよ!

9日目:失敗したら、悲しそうな顔をする

そろそろ、失敗したら、ママが悲しそうな顔をしてみるのも。

オシッコ失敗したら、大好きなママが悲しそうな顔をする。→失敗したくない!

って気持ちにさせていきます。

10日目:昼間はパンツを濡らさなかった!

昼間は、パンツを濡らさない日も出てきます。

失敗しない日があると、ママもうれしいもの。

モチベーションも上がりますよね。

でも、夜のオムツがはずれるのは、まだ先のこと。

まずは、昼間のオムツがはずれるのを目標にしましょう。

11日目:でも、今日は失敗しちゃった。

成功する日もあれば、失敗する日もある。

まだ不安定なのは、当たり前。

でも、徐々に進んでいきます。

12日目〜

成功する日、失敗する日を繰り返して、だんだんと失敗することがなくなっていく。

一進一退が続きますが、根気よくトイレに誘いましょう。

そうして、1週間、パンツを濡らさなかったら、トイレトレーニングは終了です!

2歳児のイヤイヤ期!母親のイライラはどこにぶつければいいのか考えてみた
2歳児といえば、魔のイヤイヤ期のはじまりですね。うちの次男も、2歳になったばかり。朝から晩まで、イヤイヤ言われ続けています。歯磨きしよう!→イヤ!オムツ替えよう...

オムツが取れない子供なんていない

我が家の次男も、もう2歳。

トイレトレーニングしなくちゃなぁと思いながらも、まだ行動にうつせていません。

でも、不思議と焦っていない。

それは、オムツなんて、いつか必ず取れるってわかってるから。

焦る必要なんて、絶対にないんです。

でも、私がこんなに余裕があるのも、2人目だからかなぁ。

長男のときは、焦った時期もありました。

季節ごとに届くベネッセのDMを読んでは、
「しまじろうがいなくちゃ、オムツはずれない!」
って本気で思ってました。笑

でも、そんなことないんですよね。

ママが焦らなくても、しまじろうがいなくても、ちゃんとオムツは、はずれます。笑

オムツ取れない子供なんていないんだから。

トイレトレーニングも、親子の大切なコミュニケーション。

一緒に楽しく乗り越えなきゃ、損ですよ♪( ´▽`)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]