[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

電車内で出産なぜ?実は海外でも同じ事例が!車掌やみんなの反応は?

calendar

reload

電車内で出産なぜ?実は海外でも同じ事例が!車掌やみんなの反応は?

2018年1月19日、13時34分頃に、急病人が出たとして、電車が止まりました。

なんと、その急病人とは、妊婦さん!

妊婦さんが、電車内で産気づいてしまったのです。

そして、そのまま、電車内で出産が始まったんだとか!

その後、電車は14時4分頃に運転開始。

赤ちゃんも無事に産まれ、母子共に大丈夫だそうです。

車内出産とは、なんとも驚きのニュースですが、とってもおめでたいニュースですよね!(*´Д`*)

そこで、電車内での出産について、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

電車内で出産 なぜ起こる?

どうして、電車内で出産という、衝撃的な出来事が起こったのでしょうか?

それは、やはり、

「出産は待ってくれないから」

これに尽きます。

陣痛が始まってから、赤ちゃんが産まれるまで、何日もかかる人もいれば、

陣痛が始まって、30分や1時間後に出産する人もいる。

赤ちゃんが出てきてしまったら、もう止められませんよね。

無理に止めることは不可能なので、

それが、たとえ電車内であっても、そのまま出産するしかありません。

実際に、病院まで間に合わず、自宅や車の中で出産してしまったという話は、それほど珍しいことではありません。

さすがに、今回の、電車内での出産というのは珍しいですが、

陣痛が始まって、病院に向かう車の中で、間に合わずにそのまま出産が始まってしまう、というのは、よくある話なんです。

今回の妊婦さんも、もしかしたら陣痛が始まって、病院へ向かう途中だったのかもしれないし、

もしかしたら、予想外に陣痛がきて、出産が早まったのかもしれない。

出産は、本当になにが起こるかわかりません。

出産された女性も、本当に焦ったことでしょう。

でも、なにはともあれ、赤ちゃんが無事に産まれ、お母さんもご無事だったことを、本当に良かったと思います。

ご出産、おめでとうございます。

電車内での出産 海外でもあった?粋なプレゼントとは?

電車内での出産なんて、珍しすぎる!

と思っていましたが、実は、海外でも同じことがあったんです。

それは、ドイツ鉄道の車内。

走行中の電車内で、女の子の赤ちゃんが産まれたんだとか。

早朝の車内、妊娠中の女性が陣痛を訴えたため、たまたま乗り合わせた女性客2人が、トイレに付き添い、分娩を助けたとのこと。

ドイツ鉄道は、産まれた赤ちゃんに、記念として、

地元の近郊鉄道を生涯利用できる、特別乗車券を贈呈したんだとか!

「生涯乗り放題」の鉄道切符!!

ドイツでは、「小さな奇跡」として話題になったそうです。

生涯乗り放題の鉄道切符をプレゼントするなんて、さすが海外!

粋な計らいですよね!(*´Д`*)

電車内で出産!車掌やみんなの反応は?

電車内での出産ということで、電車は緊急停止。

「医療関係者の方はいらっしゃいませんか?」とアナウンスが流れ、担架を持って走る車掌さんもいたとのこと。

珍しい事態に、車掌さんをはじめ、駅スタッフさんも、大変だったことでしょう。

ツイッターでの反応は、

みなさん、赤ちゃんとお母さんを祝福する声が多くありました。

人身事故など、人が亡くなることで電車は止まっても、人が産まれることで電車が止まるなんて、めったにない。

本当におめでたいことですよね。

電車が遅れたことで、困った人も、もちろんいたはず。

でも、赤ちゃんやお母さんに非難の声が上がらないのを、「日本もまだ捨てたもんじゃないな」と思いました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]