[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

子供の咳が止まらない!吐くことも!夜中はどうする?対処法4つ

calendar

reload

子供の咳が止まらない!吐くことも!夜中はどうする?対処法4つ

子供の咳が止まらないと、とても心配ですよね。

小さな体で、全身を使って咳き込むから、本当にかわいそう。

咳をするたびに、苦しそうに涙を流す姿は、いたたまれないです。

できれば、代わってあげたい…

私も、息子たちの咳が止まらないときは、いつもそう思っていました。

スポンサーリンク

なぜ咳が止まらないの?

子供は、まだ抵抗力が弱いです。

気管の抵抗力が弱いので、すぐに炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こした気管は、少しの刺激にも敏感に反応します。

痰やホコリ、冷たい空気などが気管に触れることで、咳が止まらなくなるのです。

スポンサーリンク

どうして夜中にひどくなるの?

咳って、夜中にひどくなりませんか?

昼間は平気なのに、夜寝てるときにいちばんひどくなる子供って多いですよね。

咳が夜中にひどくなる原因について調べました。

気管が狭くなる

夜中は、昼間に比べて、気管が狭くなります。

これは、交感神経やら副交感神経やらが関係してるとか。

まぁ、小難しいことは置いといて(笑)

気管が狭くなると、呼吸がしづらくなるので、咳が出やすいのです。

痰が飲み込めない

起きてるときは、痰が出ても、自然に飲み込んでいます。

しかし、寝てるときは飲み込めない!

そりゃそうだな。寝てるんだから。

飲み込めず、痰が喉に絡んでしまい、それを出そうとして咳が出るのです。

布団のホコリ

お布団って、ダニやホコリが多いですよね。

ダニやホコリを吸いこんでしまうことで、咳がひどくなります。

ある程度のホコリは仕方ないとは思いますが、できるだけ清潔に保ってあげましょう。

天日干ししたり、布団専用のクリーナーを使うのもいいですね。

夜中の対策は?

夜中は、咳がひどくなってしまうことが多いです。

咳き込みすぎて、吐いてしまうことも。

咳で眠れないのは、とてもかわいそうですよね。

咳がひどいときの、夜中の対処法について、まとめてみました。

①上半身を高くする

上半身を高くしてあげることで、痰が喉に絡みにくくなります。

我が家は、大人用の枕を縦にして、子どもの上半身の下に敷いて寝かせました。

夜中にひどく咳をしているときは、上半身を抱き上げて、背中をさすってあげると、痰が出やすくなります。

②加湿器をつける

咳がひどいときは、とにかく加湿です!

気管を潤すことで、痰がやわらかくなり、絡みにくくなるのです。

加湿器を置くのが理想ですが、なければ、濡れたタオルを枕元に置くだけでも十分効果があります。

③お茶を用意しておく

夜中に咳がひどく出てしまったら、お茶を飲ませるようにしましょう。

お茶と一緒に、喉に絡んだ痰を飲み込んでしまうのです。

咳がひどくなったときに、すぐ飲めるように、枕元にお茶を用意しておきましょう。

これなら、夜中に突然咳き込んでも、ママは寝ぼけながら、枕元のお茶を飲ませることができます。笑

お茶は、あたたかいものか常温のものを、ゆっくりと飲ませてあげてください。

我が家では、水筒にお茶を入れて、枕元に置くようにしていますよ。

④バケツとタオルを用意しておく

夜中に咳き込んで吐いてしまったら、とても困りませんか?

我が家では、子供が夜中に咳き込んで、急に吐かれて困ったことがあります。

タオルもバケツもなかったから、とりあえず両手で受けましたが、寝ぼけていたのもあり、全て受け止めきれず…

お布団やパジャマを汚してしまい、夜中に一気に目が覚めました。笑

そんなことにならないように、子供の咳がひどいときは、あらかじめバケツとタオルを用意しておきましょう。

被害を最小限に食い止められますよ。

咳が長引いたら

咳が治らず、長引いていたら、何か他の病気が隠れているのかもしれません。

2週間以上続くようなら、風邪ではなく、肺炎や気管支炎になっている可能性もあります。

私の友人の子供(2歳)は、元気だけど咳だけが少し続くなぁと思って、軽い気持ちで病院を受診したところ、肺炎と診断され、そのまま入院となりました。

その後は順調に回復し、退院しましたが、友人は「もっと早く病院に行けば、入院にはならなかった」と後悔していました。

絶対に自己判断だけはせずに、病院に連れていきましょう。

早めの対処が肝心ですよ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]