かちこち ゆるり。子育など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

【帝王切開手術の全貌②】手術後いつ歩けるの?傷の痛みは?

calendar

reload

【帝王切開手術の全貌②】手術後いつ歩けるの?傷の痛みは?

赤ちゃんとの感動の初対面も、つかの間。

麻酔が強くなりました。


もう赤ちゃんへの影響を気にしなくていいから、麻酔を強くできるんだって。

私の意識も、どんどん遠のいていきました。

スポンサーリンク

手術後の夜

気づいたら、病室のベットに横たわっていました。

まだ、下半身の感覚はありません。

夫や家族が、側に来てくれました。

赤ちゃんに会える

看護師さんが、赤ちゃんを側に連れて来てくれました。

夫や家族も、赤ちゃんに触るのは初めて。

順番に抱っこしては写真を撮り、大騒ぎでした。笑

私は当然、ベットから動けず。

意識も、まだ、もうろうとしていました。

後陣痛が襲ってくる

家族も帰り、赤ちゃんも別室へ。

意識もはっきりしない中、ウトウトしていたら、ヤツがやってきました。

そう!後陣痛です!!

後陣痛とは、出産後、子宮が元の大きさに戻ろうとして、収縮するときに起こる痛みのこと。

普通分娩なら、出産後に自然と後陣痛(子宮の収縮)が起こるのですが、帝王切開は自然には起こりません。

だから、子宮収縮剤を使って、子宮を収縮させるのです。

それが、めっちゃ痛い!!

子宮がキリキリ痛くて、すっごいひどい生理痛がずっと続く感じ。

あまりの痛みに、自然とうめき声が出ました。

もちろん、眠ることなんてできない。

「こんなん聞いてない!なんで誰も教えてくれなかったの?」と、ひと晩中、痛みに悶え苦しみました。

おろを替えてもらう

手術当日の夜は、まだ下半身が動かせないので、おろのナプキンは看護師さんが替えてくれました。

私の体調や子宮収縮剤の管理をするついでに、ナプキンを替えてくれます。

後陣痛の痛みで精神的にもやられている中、下半身が動けずに、看護師さんにナプキンを替えてもらう。

なんだか、自分が介護されているみたいで、情けなく感じてしまいました。

少しずつ足を動かす

看護師さんから「少しずつ足を動かしてみてね。」と言われます。

足首を上下させたり、まわしたりすることから始めます。

お腹に力を入れると傷が痛むので、とても辛かったけれど、早く動けるようになりたい一心で、がんばりました。

少しずつ動かしていくうちに、ゆっくりと下半身の感覚が戻っていきました。

手術の次の日

ひと晩中、後陣痛に苦しみ、眠ったのかどうかもよくわからないまま、朝を迎えました。

朝になると、後陣痛の痛みもマシになっていました。

はじめてのおっぱい

病室で、足を動かす練習をしていたら、看護師さんが赤ちゃんを連れて来てくれました。

「おっぱいあげてみようか!」

おっぱい!

そう言われ、初めて赤ちゃんにおっぱいを飲ませました。

初めてだったので、ちゃんと出ていたのか、よくわからなかったけれど、赤ちゃんを抱っこできるだけで、嬉しくてドキドキしました。

しかし、おっぱいを吸われるたびに、子宮が痛い!!

おっぱいを吸われると、子宮が収縮するんだそうです。

だから、授乳することは、子宮が元の大きさに戻っていくから、ママの体にもいいんだって。

でも、乳首を吸われるのも痛いのに、子宮もこんなに痛むなんて、授乳って痛いことばっかだなと思いました。

ベットから降りる

下半身が動くようになってきたので、ベットから降りる練習です。

お尻からゆっくり動き、ベットの柵を握り締めながら、ゆっくり立ちます。

お腹に力を入れると、子宮や傷の痛みがつらいので、ゆっくりした動きしかできませんでした。

ゆっくり歩く

ゆっくりゆっくり、歩く練習をします。

病院の廊下を、手すりを持ちながら、ゆっくりゆっくり。

できるだけお腹に力を入れないように歩きました。

トイレに行く

動けるようになったら、膀胱に通した管も抜かれます。

トイレに行き、手術後初めて、自力でおしっこをします。

お腹に力を入れられないので、おしっこをするのが大変だった。

自分の体なのに、自分のものじゃなくなったみたいでした。

後は、動くのみ!

後は、ゆっくりゆっくり動くのみです。

ゆっくり歩いてトイレに行ったり、沐浴指導を受けに行ったり。

傷の痛みに耐えながら、歩くことに慣れて行きます。

帝王切開は回復が遅い!

帝王切開は、出産後が大変です。

普通分娩で出産した人たちは、次の日には、もうすっかり元気そうに歩いています。

なのに私は、廊下の手すりを持ちながら、お腹を丸めて、ゆっくり歩くことしかできませんでした。

生々しい傷跡も痛みます。

人って、手術をしたら、こんなにも弱るものなんだと痛感しました。

1週間後に退院

手術後は順調で、1週間で退院できました。

私の場合、皮膚に吸収される糸を使っているので、抜糸はありません。

傷の痛みは、退院の頃には落ちついていました。

出産は命がけ

病院によって、いろいろ違うところもあるとは思いますが、私の場合は、こんな感じで帝王切開での出産が終わりました。

終わってみて思うのは、やっぱり出産って大変だということ。

母親は、命をかけて出産する。

これは、普通分娩でも帝王切開でも変わらない。

だから、母親は、産まれてきた子供が、大切でかわいくてたまらないんですね。

私の経験が、これから帝王切開で出産する妊婦さんの、少しでも役に立てればうれしいです。

LINEはじめました♪

***
美乳になりたい!
ダイエットが続かない!
夫婦関係で悩みがある!
旦那さんのことノロケたい!
***
なんでも大丈夫です♡

私にできることは、全力でお答えします!

お気軽にご相談くださいね(*´꒳`*)♡

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

ぽっちゃり嫁*あい

ぽっちゃり嫁*あい

旦那のことが大好き。
結婚7年目、付き合って15年目にも関わらず、今でも旦那にドキドキするのって、キモイですか? [詳細]