[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

つわりピーク中の、夫の理想的な言動とは?妻がうれしかったこと4つ

calendar

reload

つわりピーク中の、夫の理想的な言動とは?妻がうれしかったこと4つ

つわりがピークを迎えると、もうそれはそれは、しんどいのです。

つわりに苦しむ身としては、旦那さんには優しくしてほしいもの。

でも、つわりに苦しむ妻のそばで、具体的にどうすればいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、私がつわり中に、夫にしてもらって嬉しかったことをまとめてみました!

スポンサーリンク

夫にしてもらって嬉しかったこと

私の夫は、つわりが酷く入院までした私を、とても優しく包んでくれました。

【つわり入院ブログ①】つわりで入院する基準とは?重症妊娠悪阻って?
私の妊娠生活=つわりそう言っても過言ではない。2回の妊娠、両方ともつわりがひどく、そして2回とも、つわり(重症妊娠悪阻)で入院しました。そのときの経験から、つ...

つわりで心が弱りきっていた私は、涙が出るほど救われました。

今でも、とても感謝しています。

家事をしなくても何も言わなかった

私は、つわりがひどくなった頃、実家に帰っていました。

入院期間も含めると、1ヶ月以上。

その間、もちろん家のことはできません。

毎日の食事はもちろん、食器洗い、掃除、洗濯、ワイシャツのアイロンがけ。

全て、夫がやってくれていました。

もちろん、文句も一切言わず。

「つわりがおさまるまで、ゆっくりしてていいからね」

そう言ってくれたときには、「神!!」とさえ思いました。笑

吐いたものを片付けてくれた

私がひどかったのは、吐きつわり。

トイレまで間に合わず、枕元に置いた洗面器に吐いてしまうことも。

【吐きつわり】吐きやすい食べ物3選/吐くとつらい食べ物3選
つわりと言えば、吐きつわり。つわりを経験した妊婦さんのほとんどが、この「吐きつわり」に苦しんでいます。(中には、つわりがない方もいらっしゃいますよね。羨まし...

大好きな夫の前で、オェオェ吐くのは恥ずかしかったけれど、もうどうしようもなかった。

夫は、私が吐いてる間は背中をさすり、吐いたものまで片付けてくれたのです。

しかも、私は、よだれつわりもひどかった。

よだれつわりとは、一日中よだれがあふれ出て止まらない症状のこと。

よだれが多すぎて飲み込めないので、これも洗面器に出さなければいけません。

【よだれつわり】2度も経験した私が伝える!本当に使えた対処法4つ
この記事を読まれている方は、今現在、よだれつわりに悩んでいる方、もしくはご家族の方でしょうか。よだれつわり。つらいですよね。私は、その気持ちが痛い程よくわか...

夫は、私が出したよだれもきれいに片付けて、洗面器に新しいビニール袋を敷いてくれました。

よだれとか、吐いたものとか、ほんと汚すぎですよね。

自分のものでもイヤなのに、夫は嫌がりもせず、きれいにしてくれました。

恥ずかしいやら、感謝やらです。

気を紛らわせてくれた

つわりピーク中は、一日中吐きまくって、布団に横たわりながら、悶え苦しんでいました。

そんなとき、夫は側にきて、気を紛らわせてくれました。

足を揉んでくれたり、話をしてくれたり、気分のマシな時は、携帯のゲームをさせてくれたり。

それだけで、とても気が紛れました。

いま思えば、足の毛の処理できてなかったはず…笑

足を揉んでくれてたとき、どう思ってたんだろう……

つわり中は、ほんとに女捨ててました。笑

側にいてくれた

なによりも、側にいてくれたのが嬉しかったです。

平日は仕事で会えないけれど、仕事が休みの土日には、必ず実家まで会いに来てくれました。

入院中も、お見舞いに来てくれて、休みの日は朝から晩まで側にいてくれました。

つわりで、心も体も弱りきっているときに、側にいてくれたのは、本当にうれしかった。

とても心強かったのを覚えています。

スポンサーリンク

一生、忘れません

つわり中に優しくしてもらったことを、私は一生忘れません。

家事もせず、1ヶ月以上も寝てばかりいた私を責めなかった。

私の吐いた汚いものを、きれいにしてくれた。

顔も髪もグチャグチャの私を、優しく包んでくれた。

「頭が上がらない」とまでは言わないけれど、それに近い気持ちです。

本当に一生忘れない。

つわりピーク中、夫が絶対にしてはいけないこと3つ。妻は死ぬまで忘れません。
つわりって、男性には実際よくわからないですよね。妻が吐いている。とにかく気持ち悪いらしい。でも、病気じゃないんでしょ。そんな認識しかない男性諸君!奥さまに対...

結婚生活の支えになる

つわり中に優しくされた経験は、今後の結婚生活の支えになります。

結婚生活、いいことばかりじゃないけれど。

そりゃ、いくらつわり中に優しくされたって、長い結婚生活、ムカつくことはあります。
(電気つけっぱなしとか、人の話聞いてないとか、飲み会ばっかりとか)

でも、嫌いになりきれないのは、あのとき優しくしてもらったから。

「私が本当に弱った時、夫なら支えてくれる」

そういう安心感というか、信頼というか、そういうものが根底にある。

だから、いつまでも夫を愛していられるんですね。

優しくしといた方が得!

つわり中の女性は、心も体も弱りきっています。

妊娠中ということもあって、いつもより情緒不安定になっているもの。

そういうときに、ちょっと優しくされると、ありがたみも倍増するのです。

男性のみなさま。

今後の結婚生活をうまく過ごすために。

つわり中は、妻に優しくしておくのが得策ですよ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]