[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

つわりピーク中、夫が絶対にしてはいけないこと3つ。妻は死ぬまで忘れません。

calendar

reload

つわりピーク中、夫が絶対にしてはいけないこと3つ。妻は死ぬまで忘れません。

つわりって、男性には実際よくわからないですよね。

妻が吐いている。
とにかく気持ち悪いらしい。
でも、病気じゃないんでしょ。

そんな認識しかない男性諸君!

奥さまに対して、どんな言動をとってますか?

もしかしたら、知らないうちに、奥さまを怒らせちゃってるかもしれません。

そんなことにならないために!

つわりに苦しんだ妻の立場から「妻がつわり中、夫が絶対にしてはいけないこと」について、お伝えします。

スポンサーリンク

つわりは地獄だ

つわりって、男性にはよくわからないものですよね。

男性じゃなくても、つわりは経験したことのない人にはわかりません。

実際、私も「妊娠したら、ちょっと気持ち悪くなる」くらいにしか思ってませんでした。

2回の妊娠、両方ともつわりがひどく、入院までした私が答えましょう。

ズバリ、つわりは地獄です。

つわりのピークなんて、地獄というか、もう死ぬ一歩手前くらいの状態です。

その状態が一日中、数週間、数ヶ月も続くのですから、そりゃあもう、身も心もボロボロです。

【吐きつわり】吐きやすい食べ物3選/吐くとつらい食べ物3選
つわりと言えば、吐きつわり。つわりを経験した妊婦さんのほとんどが、この「吐きつわり」に苦しんでいます。(中には、つわりがない方もいらっしゃいますよね。羨まし...

スポンサーリンク

つわり中、夫が絶対にしてはいけないこと

身も心もボロボロになった奥さまに、あなたは、どんな態度をとってますか?

思いやりのない言動で、奥さまを傷つけてはいませんか?

これを機に、いちど自分の言動を思い返してみましょう。

◼️家事を一切やらない

家事を全て、奥さまに任せていませんか?

つわり中は、できるだけ率先して、家事を手伝ってください。

毎日仕事で疲れているのもわかりますので、もちろん、自分のできる範囲でかまいません。

ですが、せめて夕食後の食器洗いくらいは、自分でやってくださいね。

仕事がお休みの日は、

「俺が洗濯しとくから、今日は寝てていーよ!」

なんて言うと、奥さまから、すっごく感謝されます。

◼️自分だけ楽しむ

平日は、飲み会に行きまくる。
休みの日は、必ず友達と遊びに行く。

など、「自分だけ楽しむ」のはやめましょう。

奥さまがつわりで苦しんでいるのは、あなたの子供をお腹で育てているからです。

それなのに、夫のあなただけが、自由に行動して遊びまくるのは、妻が許せるわけありませんよね。

もちろん、少しならかまわないんです。

限度を知れってことです。

◼️「気合いで治る」発言

つわりは、気合いでは絶対に治りません。

「つわりは気合いで治るよ」なんて軽々しく言われた日には、「あぁ、この人はなにもわかってないな」と心から残念に思い、さらには憎しみさえ生まれます。

他にも、

「痩せれていいんじゃない?」
「毎日ゴロゴロできていいなぁ。」
「たまにはお化粧したら?」

なんて言葉も、禁句です。

食べられないのも、動けないのも、つらくてたまらないんです。

死ぬ一歩手前なのに、お化粧なんてできますか?

奥さまは、自分ではどうしようもない苦しみに、必死で耐えているのです。

つわりを軽く見るような発言だけは、絶対にやめましょう。

妻は死ぬまで忘れません。

つわり中の夫の言動を、妻は一生忘れません。

されて嫌だったこと、言われて傷ついたことは、ずっと覚えています。

これが夫婦間の亀裂となり、今後の結婚生活に影響を及ぼす可能性も、十分にありえます。

逆に、つわり中にしてもらった嬉しいことも、妻は忘れません。

「私が苦しんでいるとき、優しくしてくれた」
「この人と結婚してよかったな」

せっかくなら、こんなふうに思われたいですよね?

つわり中の夫の言動で、今後の夫婦関係が決まってしまうのです。

つわりピーク中の、夫の理想的な言動とは?妻がうれしかったこと4つ
つわりがピークを迎えると、もうそれはそれは、しんどいのです。つわりに苦しむ身としては、旦那さんには優しくしてほしいもの。でも、つわりに苦しむ妻のそばで、具体...

奥さまに感謝の気持ちを

奥さまは、こんなにも苦しみながら、お腹の中であなたとの子供を育てています。

それはとても素晴らしいことで、あなたの奥さま以外、それをできる人はいません。

「俺たち2人の子供を、お腹の中で育ててくれてありがとう」

という気持ちを忘れないようにしましょう。

そうすれば、自分がどのような言動をすればいいのか、自然とわかってくるはずです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]