[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

【イチゴ狩り】当日予約も可?関西おすすめ穴場!幼児連れの必需品は?

calendar

reload

【イチゴ狩り】当日予約も可?関西おすすめ穴場!幼児連れの必需品は?

イチゴ狩りの季節がやって来ましたね!

我が家も、今年は初めてのイチゴ狩りだ!と、はりきって予約の電話を入れるも、どこもいっぱい…

イチゴ狩りを甘く見てた!!((((;゚Д゚)))))))

もっと早く行動するべきだったー!と後悔しながらも、探し続けていると、なんと予約できました!

しかも、当日の電話予約で行けちゃったのです!

スポンサーリンク

当日予約で行けた理由とは?

当日予約でも行けた理由とは、ちょうどキャンセルが出たから。

たまたまラッキーだったんですね。

でも、イチゴ狩りって、意外とキャンセルが多いらしい!

イチゴ狩りに行くのは、子供連れの家族が圧倒的に多いですよね。

そして、小さい子供って、急に熱を出したりする。

イチゴ狩りの季節は、まだ肌寒くて、風邪もひきやすいから、キャンセルが多いんだって。

予約がいっぱいでも、当日電話してみたら意外と行けるってことも十分あり得ますよ!

あきらめるのは、まだ早い!

スポンサーリンク

おすすめ穴場はココ!

そんなおすすめのイチゴ狩りスポットは、兵庫県三田にある稲鍵ファーム。

30分間、もぎたてのイチゴが食べ放題です。

【住所】
兵庫県三田市末2089

【料金】
大人(中学生以上)1,700円
小学生 1,500円
幼児(2歳以上) 1,000円

ホームページはこちら。

大阪から、車で1時間くらいで行けます。

無料の駐車場もありますよ!

幼児連れの必需品は?

今回、2歳と4歳の息子たちを連れていきました。

4歳長男はまだしも、2歳次男は、まだまだ手がかかる。笑

幼児連れのイチゴ狩りに、絶対必要なものをまとめました。

長袖のエプロン

これ、絶対必要!

採れたてイチゴはみずみずしいから、食べるたびにイチゴ汁が…笑

イチゴ汁って、服についたら取れにくいんですよね。

袖も保護できるように、長袖のエプロンがおすすめです。

もしくは、汚れちゃってもいい服にしましょう!

ウェットティッシュ

これも、絶対必要!

イチゴの汁で、手が汚れるのもあるけれど、なぜか次男の手は泥だけになっていた。笑

土やら水やら、さわってたみたい。笑

子供って、いろんな所をさわりたがるから、すぐ手が汚れますよね。

大人も、イチゴのヘタを取る時に手が汚れるので、ウェットティッシュは絶対に持って行きましょう。

ハサミ

ハサミは、4歳長男のために、持ってくればよかったなぁと思いました。

イチゴ狩りの場所にもよるだろうけれど、ハサミとお皿を貸してくれたのは、大人の分だけ。

子供は、手でちぎって食べてくださいとのこと。

まだハサミを使えない幼児ならいいんだけど、4歳にもなると、自分でハサミを使いたいもの。

私の分を貸したので、私は手でちぎって食べました。笑

4歳以上のお子さんがいる場合は、子供用のハサミを持参すると、いいかもです。

お皿

お皿も、大人の分しかありませんでした。

子供の分も持っていくと、食べやすいかもしれません。

汚れるので、紙皿とか、紙コップでもいいですね。

上着は持っていかない!

イチゴ狩りの季節は、まだまだ寒いですよね。

長袖に、コートを羽織っちゃうくらいです。

しかし、イチゴ狩りは暑い!!

ハウスの中なので、年中あったかいんです。

汗っかきの子供は、なおさら。

上着は、絶対に持っていかない方がいいです。

イチゴ汁で汚れちゃうしね。

子供はイチゴが大好き!

幼児連れで、イチゴ狩りに行くのは、正直大変です。

汚れるし、いろんな所さわるし、目も離せない。

でも、子供はイチゴが大好き。

自分で採ったイチゴを食べるときの、うれしそうな顔を見たら、「連れてきてよかったなぁ」と心から思いますよ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]