[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

セカオワさおり 子供の性別や名前 復帰はいつ?産後もセカオワハウスに?

calendar

現在、第一子を妊娠中の、SEKAI NO OWARIのさおり(Saori)さん。

2017年8月18日に、公式サイトにて、ご本人から、妊娠報告がありましたね。

この度、新しい命を授かりました。
現在安定期に入り、来年の年明けに出産を予定しております。
仕事は体調をみながら続けていこうと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

〈引用元:SEKAI NO OWARI公式サイト〉

出産予定は、2018年の年明け、とのこと。

え!!もうすぐじゃん!!(*´Д`*)

ってことで、セカオワさおり(Saori)さんの子供の性別や名前、産後の復帰はいつなのか、

産後もセカオワハウスに住むのか?ということを、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

セカオワさおり(Saori)子供の性別や名前は?

@kurom0moがシェアした投稿


セカオワさおり(Saori)さんの、子供の性別や名前ですが、

もちろん、まだ公表されていません!

でも、2018年年明けに出産ということは、さおり(Saori)さん本人は、もう子供の性別はわかっていることでしょう。

もしかしたら、セカオワのメンバーも、知っているかもしれませんね!

セカオワは、あまり隠し事をしないイメージなので、子供が産まれたら、サラッと公表してくれそうな気もします。

第一子ですし、男の子、女の子どちらでも嬉しいですよね。

ちなみに、さおり(Saori)さんの本名は、藤崎彩織さんです。

キレイな名前なので、女の子なら、「彩織」に似た名前でもかわいいですよね。

スポンサーリンク

セカオワさおり(saori)子供を出産後の復帰はいつ?


さおり(saori)さんは、子供を出産後、いつ復帰されるのでしょうか?

公式ブログでは、

出産前のお仕事に関しましては、本人の体調と相談しながら、無理のない時期まで続けていく予定です。

〈引用元:SEKAI NO OWARI公式サイト〉

とのこと。

実際に、もうお腹が大きいのにも関わらず、

10月28日には、初の小説を出版。

ラジオも変わらず出演されているし、11月10日放送のMステにも出演されていました。

しかし、11月28日、さおり(saori)さん本人が、ツイッターで産休宣言をされました!


2018年の年明けに出産予定なので、本当にギリギリまで頑張ったんだと思います。

産前ギリギリまでお仕事をされていた、さおり(saori)さんなので、おそらく、産後もすぐに復帰されるのではないでしょうか!

労働基準法によると、「産後8週間を経過しない女性は、働かせることができない」ので、

2018年1月頃に出産だとしたら、最短で3月〜4月くらいには復帰される可能性もあります。

しかし、産後の体調というのは、どうなるかわからないもの。

あまり無理をせずに、さおり(saori)さんと赤ちゃんを最優先にして欲しいです。(*´Д`*)

セカオワさおり(saori)産後もセカオワハウスに住むの?

@sekaowa_0908.12がシェアした投稿


結婚して、妊娠してからも、セカオワハウスに住んでいるという、さおり(saori)さん。

子供を出産後も、セカオワハウスに住み続けるのでしょうか。

まだ、本人からの言葉がないので、はっきりとはわかりませんが、

個人的には、産まれたばかりの赤ちゃんが、セカオワハウスに住むのは難しいんじゃないかなぁ、と思います。

産まれたばかりの赤ちゃんは、毎日2〜3時間おきに、おっぱいをあげないといけません。

もちろん、夜中でも授乳しなきゃいけないし、夜泣きもあるし、本当に大変なんです。

初めての育児なら、なおのこと。

旦那さんである池田大さんや、まわりの人の助けが必要です。

もちろん、セカオワのメンバーも、手伝ってくれるとは思いますが、お仕事が忙しいので限界がありますよね。

それに、子供のことを考えると、やはり母親と父親と、3人一緒に住むのが一番なのではないでしょうか。

さおり(saori)さんも、出産を機に、旦那さんの家に住むようになるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

さおり(saori)さんの子供や、復帰について調べてみました。

歌に、小説にと、多彩な才能をお持ちのさおり(saori)さん。

出産されても、ぜひ活躍してほしいですね!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]