[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

大根の皮を使いたい!きんぴら以外の活用法を考えてみた。

calendar

reload

大根の皮を使いたい!きんぴら以外の活用法を考えてみた。

大根の皮って、捨ててますか?

私は、もったいなくて捨ててません。

皮が薄く剥けなくて、どうしても分厚くなってしまうから、なんだかもったいない!←下手クソなだけ

大根の皮のいい活用法がないかなと思って調べてみましたが、いくら調べても、きんぴらばっかり。

そんなに、きんぴらばっかりしませんけど。

きんぴら以外の活用法はないのか?

そう思った私は、大根の皮の活用法を考えました。

スポンサーリンク

そもそも大根の皮って少ししか出ない

1回の料理で、大根の皮って、どのくらい出ますか?

大根を使う料理と言えば、ぶり大根、お味噌汁、あとは煮物とか?

1回の料理で使う大根の量って、せいぜい大根3分の1くらいですよね。

大根3分の1の皮って、ほんのちょっとじゃないですかい?

そんな少しの量を、わざわざ、きんぴらにするの?

めんどくさっ!!

スポンサーリンク

きんぴらは大量に作りたい派

そもそも、きんぴらは大量に作りたい派です。

大量に作って、作り置きしときたい。

だって、楽ちんやもん ♪

作り置きしといたら、晩御飯の副菜に使えるし、お弁当のおかずにもできるし。

だから、きんぴらは、できるだけ大量に作りたいのです。

大根の皮をきんぴらにしたくない理由

1回に少ししか出ない大根の皮では、大量のきんぴらは作れません。

だから、私は大根の皮はきんぴらにしません。

え?大根の皮を置いといたらいいって?

確かに、そう思って、袋に入れて冷蔵庫に保存しといたこともありました。

でも、いざ、きんぴらにしよう!って思っても

「あれ?これ、いつ剥いた皮だっけ?…お腹こわしてもヤダな。……よし!やめとこう!」

ってなりました。何度も。笑

そういうわけで、私は、大根の皮をきんぴらにするのはやめました。

大根の皮をすぐさま使う方法

大根の皮を保存するのはイヤだったので、すぐに使える方法はないか、考えました。

そして、思いつきました。

炒め物に混ぜちゃえばいいんじゃね?

混ぜちゃえば、わからんはずだ。

そして、やってみました。

その日の晩御飯は、大根のお味噌汁、豚肉の生姜焼き、ほうれん草のお浸し、ご飯。

出た!大根の皮!

お味噌汁を作ったときに、少し出た大根の皮を、豚肉の生姜焼きと一緒に炒めてみました。

我が家の生姜焼きは、玉ねぎと人参が入ってるから、そこに少しの大根の皮を入れて、豚肉も一緒に炒めて、そして味付け。

食べてみる。

うん!いつもと変わらん!

夫にも子供にもバレない

もちろん、夫にも子供にもバレません。

まぁバレてもいいけどね。

普段と変わりなく、パクパク食べてくれます。

こりゃ、他の野菜の皮を混ぜても使えるな。

炒め物じゃない場合は保存する

大根の皮が出た日の献立が、炒め物じゃない場合は、袋に入れて冷蔵庫に保存してます。

例えば、晩御飯のメニューが、クリームシチューと大根のサラダだったら、大根の皮をクリームシチューに入れるのは、さすがにどうかと思うでしょ。

いくらテキトーな私でも、そんなことはしない。←たぶん

そういうときは、冷蔵庫に一旦保存しといて、次の日の晩御飯を炒め物にします。

保存するときは、できるだけ早めに使うようにした方がいいよ。忘れちゃうから。

大根の皮には栄養がたっぷり

大根の皮だけでなく、野菜の皮には栄養がたっぷり入っているらしい。

だから本当は、野菜は皮ごと食べた方がいいんだって。

それを知ってから、野菜はなるべく皮ごと使うようにしています。

人参とかきゅうりとか、皮つきでも食べれそうなやつ多いもんね。

でも大根だけは、皮付きのまま煮物にすると味が入りにくいから、皮は剥きたかった。

炒め物にしちゃえば、味も変わらず、そのうえ栄養も取れます。

バッチリですね!

家族の健康も考えながら、料理の味も考えなきゃいけないなんて、主婦は大変ですなぁ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]