[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

ピリオドパンティの種類や購入方法、価格は?日本ではいつ発売なの?

calendar

reload

ピリオドパンティの種類や購入方法、価格は?日本ではいつ発売なの?

あなたは、ピリオドパンティって知ってますか?

ピリオドパンティとは、ナプキンもタンポンも使わなくていい「未来型」生理用ショーツのこと。

特殊な4枚構造の布が、経血をまるごと吸収してくれるので、生理中でもナプキン無しで過ごせるという、画期的なショーツなのです!

こんな便利なもの、是非使ってみたい!

ということで、ピリオドパンティの種類や購入方法、価格について調べてみました。

スポンサーリンク

ピリオドパンティの種類は?

ピリオドパンティが販売されているのは、海外の生理用下着メーカーTHINX社。

現在販売されているピリオドパンティは、全部で6種類あります。

画像引用元:THINX社公式サイト


●重い日用

タンポン2本分の経血を吸収してくれます。

*Hiphugger*
ごく普通の形のショーツ。
おへその下までの形なので、ズボンの上からショーツがはみ出すこともなくて便利。
普段ズボンを履くひとは、このタイプにしておいた方が、うっかりショーツが見えちゃった!ってこともないから安心かも。

*Hi-Waist*
おへその上まで、すっぽり隠れるハイウエストのショーツ。
安心感は抜群です。
私なら、断然コレを選ぶ!
だって、生理用ショーツは安心感がいちばんでしょ。

*Boyshort*
ボクサーパンツ型のショーツ。
普段のショーツがこの形の方は、慣れているからいいですが、私はちょっと苦手かなぁ。
太もも部分が、クルクル上にあがってくるんですけど、私だけかしら。笑


●普通の日用

タンポン1本半分の経血を吸収してくれます。

*Sport*
ごく普通の形のショーツ。
Hiphuggerと同じ形だけど、Sportの方が全体的に小さめ。
Hiphuggerの、普通の日タイプって感じです。
あまり量が多くない、生理3〜4日目に使うといいですね。


●軽い日用

タンポン1本分の経血を吸収してくれます。

*Cheeky*
形は、Sportとほとんど同じ。
普通の形のショーツです。
軽い日用だから、4日目以降、経血はほとんどないけどナプキンはまだ必要!ってときに使うといいです。


●最も軽い日用

タンポン半分の経血を吸収してくれます。

*Thong*
いわゆる、Tバックの形。
これが生理用ショーツなんて、驚きですよね!
最も軽い日用だから、それこそ5日目とか6日目とかにおすすめです。

でも、Tバックって、日本人にとって抵抗ありませんか?笑
私は履けないかも。笑
私みたいにTバックに抵抗がある方は、Cheekyで代用してもいいですね。

もちろん、Tバック好きには断然おすすめ!
だって、生理中でも履けちゃうTバックなんて、世界中でコレだけですよ!

スポンサーリンク

ピリオドパンティの購入方法は?

日本では、まだ未発売のピリオドパンティ。

海外の商品なのに、日本でも買えるの?

なんて、心配は無用です!

日本にいながらにしても、ちゃんと買えちゃうんですよ。

THINX社の公式サイトから購入

画像引用元:THINX社公式サイト

THINX社の公式サイトから、直接購入する方法。

この方法が、一番安く購入することができます。

しかも、今なら友達紹介制度があって、お互い10ドルずつもらえるみたい。

でも、海外サイトなので、もちろん全て英語…

英語が堪能な方なら問題ないのですが、英語苦手な私には、ちょっと抵抗がある。

なんか、間違って注文しちゃいそうだし。

ネット通販だから、クレジットカードの入力とかもしないとダメなのに、やっぱ英語だとちょっと不安…じゃないですか?

BUYMAなら日本語で買える!

「英語サイトからの購入は、ちょっと不安」という、あなたのために!

調べましたよー!

なんと、ピリオドパンティを海外から直輸入してくれる、代理サイトがあるのです!

その名もBUYMA(バイマ)!

画像引用元:https://prtimes.jp/

CMでやってましたよねー!
私、このCM好きだったなぁ(*´∇`*)

みなさんご存知かもしれませんが、BUYMAとは、海外在住のパーソナルショッパー(出品者)から世界中のアイテムを購入できるソーシャルショッピングサイト。

BUYMAなら、日本にいながらにして、日本未入荷のピリオドパンティを購入できちゃうのです!

もちろん日本語のサイトだし、購入方法も簡単。

カスタマーサポートもあるので、困ったことがあれば、すぐに問い合わせることができます。

これなら、私でも安心して買うことができる!(ピリオドパンティー購入先リンク

BUYMAで買えるのは5種類だけ。

※追記※
よくよく調べたら、6種類全てBUYMAから購入することができました!

 

いま現在、BUYMAで購入することのできるピリオドパンティは、全6種類中、5種類のみです。

一番軽い日用の「Thong」だけは、取り扱いしていません。

なので、残念ながら、「Thong」が欲しい場合は、公式サイトから直接購入するしかありません。

でも、Thongって一番軽い日用だから、他の種類でも代用できるんですよね。

なにより、Tバックは抵抗がある。笑

Thong以外の種類は、全て取り扱っているので、安心して購入することができますよ!

ピリオドパンティの価格は?

BUYMAによると、
ピリオドパンティの価格は、5700円〜7700円。

種類によって、値段が違います。

公式サイトからの購入だと、
24〜39ドル。

日本円にすると、現在は、1ドル=111円(2017年3月末)なので、2664円〜4329円となります。

海外輸送費として、合計に、別途15ドル(1665円)かかるので、合わせて
4329円〜5994円。

つまり、BUYMAの方が、公式サイトで購入するよりも、1500円くらい高くなってしまいます。

生理用ショーツにしては、ちょっとお高めだけど、これでナプキンもタンポンも要らないなら…

これから何十年も、毎月かかるナプキンやタンポン代を考えたら、結局はピリオドパンティの方が安くつくのかもしれません。

日本ではいつ発売されるの?

残念ながら、日本での発売はまだ未定です。

でも、ピリオドパンティは、今まで海外の公式サイトでしか購入できませんでしたが、1年ほど前から、BUYMAでの取り扱いが始まりました。

それって、ピリオドパンティが海外で注目されて、日本でも売れるんじゃないかって考えられたからですよね。

こんな便利なもの、私だって気になるんだもの。

日本人だって、欲しいに決まってます。

今後、もっと注目されて、日本で普通にお店で買えるようになる日も、そう遠くはないんじゃないでしょうか。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]