[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

【公園デビュー】公園難民にならないためにママが取るべき行動3つ

calendar

reload

【公園デビュー】公園難民にならないためにママが取るべき行動3つ

外遊びが気持ちいい季節がやってきました。

小さな子供がいるママは、子供を連れて公園に遊びに行きたくなりますよね。

そんなママ達にとって、心配なのは「公園デビュー」

「公園デビュー」って大げさな!
ただ、子供を公園で遊ばせるだけじゃん!

いやいや、あなどってはいけません。

知らないママたちの輪に入っていくのって、結構、勇気いるんですよね。>_<

最近では、なにやら恐ろしい「公園難民」なんて言葉も。

小さな子供を持つママとしては、気になってしまう!

そこで、「公園難民」について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

公園難民ってなに?

「公園難民」とは、ママ友関係の煩わしさから「もう行ける公園がない」と感じ、公園に子供を遊びに連れて行けなくなること。

公園に遊びに行けないほどの、煩わしいママ友関係って……こわい!>_<

公園難民になってしまい、わざわざ車や電車を使って、遠くの公園に遊びに行くという人もいるんだとか。

そんなの大変!Σ(T□T)

「公園難民」になんて、絶対なりたくないですよね。>_<

スポンサーリンク

公園難民にならないために、ママが取るべき行動3つ

「公園難民」には、なりたくない。

そのためには、やはり、より良いママ友関係を築くことですよね。

では、より良いママ友関係を築くにはどうしたらいいのか、まとめてみました。

①いつも同じ時間帯に公園に行く

いつも同じ時間帯に公園に行くようにすると、同じママに会える可能性が高いです。

何度も顔を合わせれば、自然と会話も生まれやすいですよね。

公園に行くのは、午前中がおすすめ。

午後になると、小学生の子供たちも遊びに来るので、一気に騒がしくなります。笑

遊びも激しいので、小さな子供には危ないかもしれません。

朝の家事が終わったら、「天気のいい日には公園に遊びに行く」ことを日課にしましょう。

②とにかく挨拶をする

軽く会釈でもいいし、「こんにちは」と微笑むだけでも、印象は全然ちがいます。

絶対に、無視だけはしないように!

子供同士が同じ遊具で遊んでいるのに、ママ同士が挨拶もしないなんて不自然ですよね。

子供のしつけのためにも、ママが挨拶をする姿を見せるのは、とても大切なことです。

まずは、「こんにちは」から。

無難な「何歳ですか?」で話しかけるのも、話が広がりやすくておすすめですよ。

③お砂場セットを貸してあげる

公園に持って行くものといえば、お砂場セット。

このお砂場セットをたくさん持って行くと、必ずと言っていいほど、他の子供が寄ってきます。笑

子供って、他の子のおもちゃが気になるんですよね。笑

そんなときは、「一緒に遊ぼう」と笑顔でお砂場セットを貸してあげましょう。

常識のあるママなら、「すみません」と言ってきます。

「いえいえ、どうぞ。」と笑顔で返しながら、「何歳ですか?」と話しかける!

ほら自然でしょ?

お砂場セットが、会話のきっかけを作ってくれるのです。

気の合うママが見つからない

頑張って話しかけてみたけれど、なかなか会話が続かない。

既にママ達の輪ができていて、なかなか輪に入れない。

そんなときは、どうすればいいのでしょうか。

あえて時間帯を変えてみる

公園に行く時間帯を変えてみましょう。

既にママ友の輪ができていて入りにくい場合は、少し早めの時間帯に公園へ行ってみてください。

まだ、集まっているママ達が少ないうちなら、輪ができあがっておらず、話しかけやすいですよ!

いつも午前中に公園に行っている場合は、午後に遊びに行ってみるのも、ひとつです。

また違ったママ友を見つけることができるかもしれません。

子供を他の子と遊ばせる

小さな子供は、公園でも目が離せません。

すべり台で遊んでいたかと思えば、急に飽きて、砂場に遊びに行ったり。

ママ同士がゆっくり話す時間なんて、ないんですよね。笑

話の途中でも、子供が別の場所に行ったら、そこで話は終了です。

なかなか仲良くなんて、なれませんよね。

そういうときは、子供を他の子と遊ばせましょう。

小さな子供は、まだ友達と遊ぶということが難しいこともありますが、さりげなく隣に行かせたり、同じ遊具で遊ばせてみてください。

それがきっかけで、ママ達との会話も進みますよ。

大切なのは、意識しすぎないこと。

ママ友を作ることは、もちろん大切です。

近所に住む、同じ年代の子供を持つママ友の存在というのは、やはり心強いもの。

育児の相談をしたり、幼稚園・小学校などの情報を交換することもあります。

しかし、「絶対ママ友作らなきゃ!」と気負う必要はありません。

大切なのは、意識しすぎないこと。

自分のママ友作りのために、公園に行くんですか?

違いますよね。

あくまで主役は子供であって、子供が楽しく遊んでいれば、それでいいはずです。

「ママ友関係が煩わしいから、公園に行けない」なんて、そんなの元も子もないですよね。

ママ友は、絶対に必要というわけではありません。

「できればいいな」くらいに思って、公園くらい、もっと気軽に遊びに行きましょう!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]