[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

ギーの作り方 スッキリで放送!失敗しないコツ5つ!簡単レシピも!

calendar

朝の情報番組「スッキリ」で放送された、ギー。

ギーとは、インド発祥の動物性の油のこと。

インドでは、古くから、料理はもちろん、医療現場でもよく使われています。

最近では、「世界で最も健康的な食品50」にも選ばれ、美容と健康に良いと、海外セレブが大注目の、スーパーオイルなんです!

でも、ギーって、成城石井などのスーパーでも売っているんですが、100g 1000円もするので、ちょっとお高いんですよね…

そこで、スッキリでは、家庭で安くできる、ギーの簡単な作り方が紹介されていました!

失敗しないコツも紹介されていたので、詳しく書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

ギーの簡単作り方!スッキリで放送!失敗しないコツとは?

スッキリで放送された、ギーの作り方は、

無塩バターをひたすら煮詰めて、不純物を取り除くだけ!!

めっちゃ簡単ですよね!(*´Д`*)

でも、きちんとコツを掴まないと、失敗してしまうことも…

ということで、失敗しないコツと共に、スッキリで放送された、ギーの簡単な作り方をご紹介したいと思います!

◆失敗しないコツ①
無塩バターを選べ!

材料は、無塩バター450gだけ!!

かならず、「無塩の」バターを選んでください。

450gの無塩バターから、ギーが420g〜430g程度もできるんだとか。

市販でギーを買うよりも、かなりお安く済みますよね。

◆失敗しないコツ②
火加減に気をつけろ!

片手鍋に、無塩バターを入れて、まず中火で約5分、バターを溶かしていきます。

バターが溶けたら、超弱火で約30分間、じっくり煮詰めていきます。

無塩バターから、たんぱく質や水分などの不純物を除去して、油だけにしていきます。

◆失敗しないコツ③
アレで火加減を調節!

超弱火で煮詰めていくのですが、家庭用のコンロだと、それでも火が強すぎるので、アレを使います。

それは、餅網!!

お餅を焼くときの、網です。

コンロの上に、餅網を2〜3枚重ねて、火と鍋の間に空間を作ります。

お鍋をのせると、こんな感じ。

◆失敗しないコツ④
泡の状態をよく見る!

そのまま、15分ほど煮詰めると、泡と泡がくっついて、大きなドーム状の泡になります。

この泡が、バターから出た不純物です。

さらに10分煮詰めると、細かい泡になっていきます。

鍋の底がみえるくらい、透明になったら、火を止めます。

不織布のキッチンペーパーで、こしたら、

ギーの完成です!!

◆失敗しないコツ⑤
不純物がないか確認する!

完成したギーは、無塩バターから不純物を取り除いた、純度100%の油です。

が!!

家庭で作ったのだと、本当に不純物がないかどうか、不安ですよね。

そこで、本当に不純物が含まれていないか、確認しましょう!

ティッシュで作ったこよりを、完成したギーにつけて、それに火をつけると、

バチバチと音がしたら、不純物あり。

静かにスーッと燃えれば、不純物がない証拠です。

これで、本当に、純度100%のギーが完成です!!

ほんのり甘くて、さっぱりした、コクのある味がするそうですよ!

家庭で作ったギーでも、常温保存で約1年間はもちます。

気温が低いと、固まることもありますが、品質には問題ないそうです!

ギーを使った、簡単レシピ!

スッキリでは、ギーを使った、簡単レシピとして、フレンチトーストと、海老のギー炒めが紹介されていました。

●フレンチトースト

いつもなら、サラダ油かバターで炒めていたところを、ギーに変えるだけ。

サラダ油だとコクがないし、バターだと、すぐに焦げてしまうんですよね。

でも、ギーなら、バターのコクがあるのに、焦げない!

これは、バターが170℃で焦げ始めるのに対して、ギーは、250℃にならないと焦げないからなんです。

バター風味なのに、しつこくなくて、おいしいと、テレビでも大評判でした!

●海老のギー炒め

海老の背中に、深めに切り込みを入れます。

深めに入れることで、海老がギーをよく吸っておいしいんだとか。

ギーで、ニンニクを炒めていきます。

その後に、生姜と鷹の爪を入れて、

海老を炒めて、醤油をまわしかけたら、完成です。

ギーのコクが出て、海老がすごくおいしくなるんだとか!

家庭で簡単に作れる、ギー。

使い方も、サラダ油やバターをギーに変えるだけなので、普段の料理に気軽に取り入れられそうですよね!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]