[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

入園式のママメイク!服装に合わせたフォーマルメイクで美人ママに!

calendar

reload

入園式のママメイク!服装に合わせたフォーマルメイクで美人ママに!

もうすぐお子さんの入園式

ママは、服装をどうするか、靴やバッグの準備などに忙しいのではないでしょうか。

スーツやワンピースなど、服装をバッチリ決めるのなら、メイクももちろん、それに合わせなければいけません。

いつもカジュアルメイクなママも、入園式くらい、少しフォーマルなメイクにしてみませんか?

入園式のママにぴったりの、上品なフォーマルメイクの方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ベースメイクは?

下地はパールの入ったもの

ベースメイクの下地は、少しパールの入ったものを選ぶと、顔色がパッと明るくなります。

入園式の明るい雰囲気にあわせて、顔色も明るくしておきましょう。

下地の色は、シミや毛穴を隠したいときはベージュ系、血色よく見せたいならピンク系の下地を選びましょう。

ファンデーション

私は、リキッドをおすすめします。

リキッドの方がファンデーションの付きが良く、保湿効果も高いからです。

入園式が行われる4月は、季節の変わり目でお肌が乾燥しやすくなっています。

保湿効果の高いリキッドファンデーションで、カサカサお肌に見えないようにしましょう。

厚塗りはNG

ベースメイクは、気合いを入れすぎると、どうしても厚塗りになってしまいます。

厚塗りは、化粧崩れの原因となります。

また、化粧が濃すぎると、あまり印象もよくありませんよね。

丁寧に、薄く仕上げるようにしましょう。

スポンサーリンク

まゆげメイクは?

アイメイクに気合を入れる人は多いですが、まゆげってなんかテキトーに描いちゃってませんか?

まゆげは、人の顔の印象を大きく左右する、大事なパーツです。

顔の表情を絵で描くとき、まゆげの上がり下がりで表現するでしょう?

ほら!まゆげは、意外と大事なんですよ!笑

フォーマルメイクの場合、まゆげをいつもよりも少し濃いめに描くと、きちんと感がでます。

まゆげの色を、髪色に合わせておくことも忘れずに。

アイメイクは?

アイシャドウはラメ入り

ラメ入りのアイシャドウを使うと、簡単にパッと華やかになります。

広い範囲には入れず、まぶたの上にチョンチョンと塗るだけにすると、上品な目元になりますよ。

ウォータープルーフで涙対策

アイラインとマスカラは、必ずウォータープルーフを使いましょう。

入園式、初めてママから離れる我が子を見て、「あぁ成長したなぁ…」と、思わず涙ぐんでしまうかもしれません。

そんなとき、黒い涙が流れるのは絶対にNGですよね。笑

ウォータープルーフで、涙対策はしっかりとしておきましょう。

チークは?

頰の高い位置に、薄めに入れましょう。

チークを濃くすると、化粧全体が濃く見えたり、子供っぽく見えてしまいます。

薄めにぼかして入れることで、大人の上品さを演出しましょう。

チークの色は、ナチュラルに見えるピンク系がオススメです。

口紅は?

チークと同じピンク系の口紅を選びましょう。

口紅は、メイクをピリッと引き締めてくれます。

いつもは口紅を塗らないママでも、フォーマルな服装の時は、必ず口紅を塗ってください。

印象がガラッと変わりますよ。

塗りすぎないように、顔全体のバランスを見ながら塗るようにしましょう。

第一印象が大切です

幼稚園に入園するのは、なにも子供だけではありません。

ママも、入園式を機に幼稚園デビューするのです。

ママ友作りは、第一印象が肝心です。

上品なナチュラルメイクで、第一印象をバッチリ決めちゃいましょう。

入園式を素敵な思い出に

子供が産まれてから、自分のことは常に後回しだったけれど、せっかくの入園式。

ママもおしゃれして、楽しみたいですよね。

子供と一緒にたくさん写真を撮って、入園式を素敵な思い出にしましょう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]