[かちこち ゆるり。]子育てやファッション、美容など、毎日忙しい女性の生活に役立つことを書いているブログです。

【オウム病】子供の症状は?砂場で遊ばせちゃダメ?予防法を大解説!

calendar

reload

【オウム病】子供の症状は?砂場で遊ばせちゃダメ?予防法を大解説!

オウム病って知ってますか?

オウム病とは、オウムやインコ、ハトなどの鳥から感染する、人獣共通感染症です。

風邪のような軽い症状から、肺炎や髄膜炎など重症化する場合も。

高齢者や妊婦さんなど、抵抗力の低い人が感染すると、最悪の場合、死亡することもあります。

そんなこわい病気なのに、今まで全く知らなかった。

子供には大丈夫なのかな。

そんな、心配で仕方のないあなたのために。

子供のオウム病の症状や、予防法について解説します。

スポンサーリンク

【オウム病】子供の症状は?

オウム病の症状は、大人も子供も同じ症状です。

・38℃以上の高熱
・咳
・さむけ
・頭痛
・関節の痛み

風邪やインフルエンザの症状によく似ていますよね。

これじゃ、私達が、オウム病だと気づくのは難しい。

まず、風邪かなって思っちゃう。

でも、症状が出る2週間以内に、鳥と接触していれば、医師に伝えた方がいいようです。

治療が遅れると、肺炎になってしまうかもしれません。

オウムやインコを飼っている場合はもちろん、公園でハトに触った場合も、きちんと伝えましょう。

しかし、オウム病は、30歳未満での発症例は少ないと報告されています。

なので、子供には、そこまで過敏になる必要はないのかも。

でも、少ないってだけで、全く発症例がないわけではありません。

実際に、9歳の子供がオウム病を発症した例もありますので、可能性は十分あるのです。

スポンサーリンク

【オウム病】砂場で遊ばせちゃダメなの?

結論から言うと、そんなこと心配してたら、砂場はもちろん、子供を公園でなんて遊ばせられないってことです。

オウム病の感染経路は、

・鳥のフンを吸い込む。
・口移しで餌をあげる。
・鳥に噛まれる。

この3つです。

中でも一番多いのは、オウム病に感染した鳥のフンが、乾燥して空気中に舞い、それを私達が吸い込んでしまうこと。

そんなの、防げませんよね。

ハトのフンなんて、公園や駅にだってたくさん落ちてるし、きっと乾燥したものが空気中に舞ってるでしょう。

ハトが、砂場に直接フンしてるかもしれない。

そんなの言いだしたら、野良猫だって砂場にオシッコやウンチしてるだろうし、病原菌なんてウジャウジャいる。

だから、そんなのいちいち気にしてたら、子供を公園でなんて遊ばせられないんです。

【オウム病】の予防法は?

●鳥を飼っていない場合

・野生のハトに接触しない。
・鳥に触ったら必ず手を洗う。

鳥を飼っていない人は、「とりあえず鳥に触らない」ようにしましょう。

子供って、野生のハトを追いかけるの好きですよね。>_<

でも、追いかけたり、エサをあげるのはもちろん、なるべく近寄らない方がいいでしょう。

野生の鳥だけでなく、ペットショップで鳥に触った場合も、必ず手を洗いましょう。

ペットショップの鳥も、オウム病の菌を持っている可能性が十分にあるのです。

●鳥を飼っている場合

・鳥を触ったら、必ず手を洗う。
・口移しで餌をあげない。
・鳥のフンを掃除する時は、手袋とマスクをする。

鳥を飼っている人は、鳥を家族のように思うがゆえに、ガードがゆるくなってしまいがち。

でも、大切に思うからこそ、十分に気をつけなくてはいけないのです。

大切な鳥が原因で、子供や家族が病気になってしまったら、悲しいですよね。

統計でも、「鳥を飼っている人に、オウム病の感染が多い」とされています。

鳥との接触が増える分、オウム病の知識をしっかりと身につけて、予防しましょう。

「手洗いうがい」は一番の予防法

オウム病の予防法、基本は「手洗いうがい」です。

鳥に触ったら手を洗うのはもちろん、「家から帰ったら手を洗う」「食事の前には手を洗う」など、基本的なことを必ず守りましょう。

そうすることで、オウム病だけでなく、他の病気の予防にもつながりますよね。

我が家も、手洗いうがい、徹底させなきゃ!

2歳のイヤイヤBOYは、毎回、手洗いイヤがるんですよね。>_<

そして4歳の長男は、手洗いは自分でできるのですが、毎回洗面台がビショビショになる。笑

手洗いだけで、なかなか大変ですが…(´Д`)

子供の病気予防のために、母は負けじと頑張りたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

こうてつ

こうてつ

4歳と2歳の子供を持つ主婦です。

子育てと家事に追われながら、ゆるりとした時間を大切にしたいともがいています。 [詳細]